2016年11月6日

原田まりるさんトーク&サイン会 終了

2016年11月13日(日)大垣書店京都ヨドバシ店にて
『ニーチェが京都にやってきて
17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(ダイヤモンド社)
の刊行を記念して、
「原田まりるさん トーク&サイン会」を開催いたしました!

原田さんと司会との対談形式でのトークショー。
「ニーチェは堂本剛、キルケゴールは松田翔太っぽく!」など、
登場する哲学者をそれぞれ誰に例えてイラストをお願いしたかというお話しや、
小説の中で出てくるショーペンハウアーの喫茶店は「茂庵」が、
サルトルの焼肉屋は祇園の「弘」がモデル、
というようなお話しまで、
本作に関する裏話盛りだくさんのトークショーでした!

他にも、原田さんが哲学にはまったきっかけや好きな哲学者など、
原田さんの哲学に対する思いをお話しいただき、
ご参加いただいた皆様は熱心に聞き入っておられました。

トークショーの後は、お客様からの質疑応答へ。
各回7・8名ずつ質問があり、和気あいあいとした雰囲気でした。
質問も、哲学の話から原田さんのジムの話まで、色々な話題が飛び交いました。

1回目・2回目ともにご参加のお客様がおられるなど、
原田さんの人気が伺えるトーク&サイン会でした。

サイン会でも写真撮影OKでしたので、
皆様、原田さんとの2ショットに大変喜ばれていました。

原田まりるさん、ご参加いただいた皆様、
ありがとうございました!