2018年8月9日

【8/26開催】旺季志ずかさんトーク&サイン会 のお知らせ

『誰かのためも大切だけど、そろそろ自分のために生きてもいいんじゃない?』(学研プラス)の発売を記念して、
旺季志ずかさんのトーク&サイン会を開催いたします!

「不幸のデパート」ともいえるほどのどん底人生から自分の意識の使い方だけで、幸せな人生へとひっくり返した旺季さんの体験とその方法についてお話しします。
誰もが「魔法使いになれる」その秘密を公開!

■日時:2018年8月26日(日)14:00より

■場所:京都ヨドバシ  6F  特設会場

■参加方法
大垣書店全店にて対象書籍をお買上げのお客様に参加整理券をお渡しいたします。お電話でのご予約も承ります。

■定員
先着50名様

■イベントスケジュール
13:30~ 開場
14:00~ トークショー ※写真撮影・SNS投稿OK
14:40~ サイン会
サイン会のみ参加も可 ※詳細はお問合せください

■対象書籍

 

『誰かのためにも大切だけど、そろそろ
自分のために生きてもいいんじゃない?』
学研プラス 定価1,404円

■お問合せ
大垣書店 京都ヨドバシ店
TEL:075-371-1700

 

旺季志ずか(おうき・しずか)さん  プロフィール

脚本家。徳島県生まれ。立教大学卒業後、女優を志すも挫折。高層ビルガラス清掃から銀座ホステスまで、50種類の職を経験した豊富な人生経験を生かし、数々のヒットドラマを生み出す。代表作に「屋根裏の恋人」「ストロベリーナイト」「佐賀のがばいばあちゃん」「女帝」など。
不幸だった自らの人生を変えるべく心理学や哲学を学んだ、自称「心」オタク。その知見を盛り込んだ著書『臆病な僕でも勇者になれる七つの教え』『虹の翼のミライ』(ともにサンマーク出版)では、「エンタメ自己啓発小説」という独自の分野を確立した。本書は著者初のエッセイとなる。

 

※イベントは予告なく変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。