2013年11月23日

マスター”K”さんトーク&サイン会 終了

2013年10月30日(水)四条店

『緊縛の文化史』の発売を記念して著者・マスター”K”さんのトーク&サイン会を開催しました。

mastea k(左・マスター”K”さん)

日本の神社仏閣にある「しめ縄」、着物の帯など、日本文化における「締める」「縛る」「結ぶ」ということを芸術・アートと捕らえた上で、緊縛というものの芸術性を語られました。

美しく、安全であることを前提に「縛り」とは相手とのコミュニケーションを通したアートであるということでした。

マスター”K”さん、ご参加のお客様 ありがとうございました!