2013年2月4日

川村元気先生にご訪問いただきました。

2013年2月3日
川村元気先生に
ご訪問いただきました。

P1010167s.jpg

処女作『世界から猫が消えたなら』が
本屋大賞にノミネートされた川村さんの
もう一つの肩書きは映画プロデューサー。

『告白』『悪人』『モテキ』など
書籍を原案にした映画作品に新しい息吹を吹き込む
敏腕プロデューサーとして映画界でも注目されている方です。

京都が大好きでプライベートで
年に何度も足を運ばれるそうで、
この本の着想は「竜安寺」の石庭から得たとの
ウラ話をしていただきました。

書かないことで書きだす。
消すことで存在を表わす。

哲学的な手法で生み出された
『世界から猫が消えたなら』は読む世代それぞれに
違う感動を与えてくれる1冊です。

neco.jpg
『世界から猫が消えたなら』
マガジンハウス刊
定価1,470円