2013年3月19日

松永信也さん インタビュー

2013年3月16(土) 四条店にて
松永信也さんのトーク&サイン会を開催しました。
matsunagashinya s

40才で失明された松永さん。
見えないからこそ見えてくる世界を、「風になってください」を通して伝えていらっしゃいます。

今回は「風になってくださいⅡ」の発売記念としてトーク&サイン会を開催させていただきました。
風になってくださいⅡ

■松永信也さんへインタビュー

 先生の著書のなかに「人間ていいな」と書いておられますがいやな人、困ったことはありましたか?

 私たち障害を持っている者に声を掛けて来られる方は、100%いい人です。接し方がわからなくて強引に腕を引っ張られる方もいらっしゃいますが、いい人が多いです。私は障害をもつようになり16年たちます、また京都の協会に約1,200人いる同じような障害を持つ人もひったくりにあったことはありません。毎日 昼夜普通に歩いています。人はどういう状態でも豊かに生きていけます。

 今回 前作の第2弾を出版されたきっかけはなんですか?
 以前別の出版社で出した本があるのですが、それが売り切れて本来なら重版するところですが、諸事情がありできなくなりました。どの本の内容をどこかに残したい、また、京都新聞社でコラムを掲載させていただいていた部分とあと、自分自身がここ最近に感じたことを
書きたくて出版したいと考えていたときに、今回法蔵館様が協力していただけることになりました。

 視覚障害の方のサイン会 大垣書店も最初どのようにするのだろうかと心配でしたが、実際されてみていかがでしたか?

 このサイン会を開催していただいた、大垣書店に感謝したいし、とてもうれしい。こられたお客様も大変喜んでくれたことにさらに感謝したい。ホームページや店頭入り口などにポスターで告知していただいたことでおもわぬお客様もこられてとてもよかったです。


松永信也さん、ご参加のお客様 ありがとうございました!!

松永信也さんの心温まるエピソードがたくさん詰まったホームページはコチラ↓
http://www.nobuya.org/