2020年7月16日

第163回芥川賞・直木賞 決定!

第163回芥川賞・直木賞受賞作が2020年7月15日(水)に決定・発表されました!

《芥 川 賞》


『首里の馬』
高山 羽根子
新潮社 定価1,375円(税込)
2020年7月27日(月)発売予定

 

この島のできる限りの情報が、いつか全世界の真実と接続するように――。沖縄の古びた郷土資料館に眠る数多の記録。遠く隔った場所にいる友とのオンライン通話。台風の夜にあらわれた幻の宮古馬。世界が変貌し続ける今、しずかな祈りが切実に胸にせまる感動作。

 

 

《芥 川 賞》

『破局』
遠野 遥
河出書房新社 定価1,540円(税込)

 

私を阻むものは、私自身にほかならない――ラグビー、筋トレ、恋とセックス。ふたりの女を行き来する、いびつなキャンパスライフ。28歳の鬼才が放つ、新時代の虚無。

 

 

《直 木 賞》

『少年と犬』
馳  星周
文藝春秋  定価1,760円

 

 

傷つき、悩み、惑う人びとに寄り添っていたのは、一匹の犬だった――。2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。ある日和正は、コンビニで、ガリガリに痩せた野良犬を拾う。多聞という名らしいその犬は賢く、和正はすぐに魅了された。その直後、和正はさらにギャラのいい窃盗団の運転手役の仕事を依頼され、金のために引き受けることに。そして多聞を同行させると仕事はうまくいき、多聞は和正の「守り神」になった。だが、多聞はいつもなぜか南の方角に顔を向けていた。多聞は何を求め、どこに行こうとしているのか……犬を愛するすべての人に捧げる感涙作!

 

 

 

在庫状況は、こちらでご確認いただけます。→ 在庫検索ページ
万が一、完売の場合は、次回入荷分からのご予約を承ります。