2022年5月2日

【5/28開催】下坂厚さんトーク&サイン会のお知らせ

『記憶とつなぐ』(双葉社)の刊行を記念して、著者・下坂厚さんのトーク&サイン会を実会場とオンラインにて同時開催いたします!
46歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断された、京都市在住の下坂厚さんにお越しいただき、新刊・『記憶とつなぐ』のこと、当事者だからこそ伝えられる、若年性アルツハイマー型認知症の日常についてお話しいただきます。トークイベント後はサイン会を開催いたします。

また、インスタグラムで認知症の人から見た日常の風景の写真と思いを発信されている下坂 厚さんの写真展を開催いたします。認知症の本や、励みになった本なども一緒に展示いたしますのでぜひお越しください。

≪トーク&サイン会≫

■日時:2022年5月28日(土)14:00~(開場 13 :30)
※サイン会:15:00頃開始

■場所:京都本店 イベントスペース「-催-」

■定員:会場参加 先着15名、オンライン参加     100名

■参加方法
申し込み方法は2タイプあります。
①イベント参加券を購入する
以下申込フォームより申し込みください。
イベント参加費:550円(税込)
★こちらからお申込みいただけます★

※対象書籍『記憶とつなぐ』を購入予定の方は②の方法でお申込み下さい
※当日対象書籍を購入されてもチケット代金の返金はできません

②対象書籍『記憶とつなぐ』を購入する
大垣書店グループ全店およびPaypayモール内「京都 大垣書店オンライン」にて対象書籍を
お買い上げのお客様に申し込みURL記載のチラシをお渡しします。
事前登録してください。

Paypayモール内「京都 大垣書店オンライン」専用ページ
⇒URL:https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/books-ogaki/item/a9784575317121/

■サイン会参加について
参加自由、著書をご購入のお客様はどなたでもご参加いただけます。
イベント当日15時に対象商品を購入の上会場へお越しください。
※会場でも商品の販売を行います

【注意事項】
※会場参加とオンライン参加を申込時にお選びください。
定員に達し次第受付を終了いたします。
※サイン会はオンラインは対象外とさせていただきます。
※サイン会参加希望で事前に対象商品を購入済みの方は書籍をイベント当日持参してください。
※時勢により、会場参加をお申込みいただいたお客様にもオンライン参加への変更をお願いする場合がございます。

※オンライン配信視聴に関する注意事項
・本イベントはビデオ会議ツール「Zoom」のウェビナー機能を利用して開催いたします。あらかじめ参加予定の環境(端末およびインターネット接続環境)にてZoomの接続が可能かご確認ください。
・当日はイベント開始30分前よりご入室いただけます。イベント視聴招待メールに記載のURLより、ご入室ください。
・入室後、「コンピューターでオーディオに参加」というボタンをクリックしてご参加ください。なお参加者の皆さまのマイクおよびカメラは、自動的にオフにさせていただきますので、ご了承ください。
・開催時間中の入退室は自由です。
・本イベントは主催者(大垣書店)によって録画いたしますが、参加者さまによる録画録音は禁止とさせていただきます。
・万が一、主催者(大垣書店)のインターネット回線状況や設備機材の不具合による配信トラブルが発生した場合は、録画データのご提供等で対応させていただくことがございます。なお参加者都合による不具合にはお応えいたしかねます。

≪下坂厚さん写真展&関連書籍フェア≫

インスタグラムで認知症の人から見た日常の風景の写真と思いを発信されている下坂 厚さんの写真展を開催いたします。認知症の本や、励みになった本なども一緒に展示販売します。

■期間:5月27日(金)~6月2日(木)
■場所:京都本店 イベントスペース「-催-」

■対象書籍

『記憶とつなぐ』下坂 厚/著 下坂佳子/著
双葉社刊行 定価1,650円(税込)

■お問合せ
大垣書店書店事業部
TEL:075-468-1411(平日9:00~18:00)

下坂  厚さんプロフィール

1973年、京都府出身。
2019年に46歳で若年性アルツハイマー型認知症を発症。
それを機に、仲間とともに開業した鮮魚店を退社。
現在は、介護施設にケアワーカーとして勤務。
そのかたわら、「同じ病気を患う人のために、社会に足りないことを伝えたい」と、
SNSや講演活動などさまざまな形で情報を発信している。
「なかまぁるShort FilmContest 2020」オーディエンスアワード受賞。

下坂  佳子さんプロフィール

1964年、京都府出身。ホームヘルパーとして働きながら、
若年性アルツハイマー型認知症を発症した夫を見守る。

※イベントは予告なく変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。