2022年6月10日

【7/5開催】今村翔吾先生おしゃべりサイン会

「今村翔吾のまつり旅 ~47都道府県まわりきるまで帰りません~」プロジェクト記念、直木賞作家・今村翔吾先生のおしゃべりサイン会を開催いたします!
先生とお話ししたり写真を撮ったり、楽しい時間をお過ごしください。

■日時:2022年7月5日(火)11:45~12:45

■場所:大垣書店イオンモール北大路店 店内

■定員:先着50名

■参加方法
①専用申し込みフォームにて予約承ります。

↓予約申し込みはこちら↓

②イベント当日までに今村翔吾先生の著書を会場(大垣書店イオンモール北大路店)レジにて購入してください。
 整理券を配布します。

※サイン会予約申し込み済みであることをレジにてお伝えください
※今村先生の著書であればどの作品でもOK!
※他店舗で購入された本は対象外となります。

③イベント当日、購入した本と整理券をもってサイン会会場にお越しください。

※当日参加の受付もいたしますが予約優先となります

■今村翔吾先生著書
※その他多数ございます。

『塞王の楯』今村翔吾著
集英社 定価2,200円(税込)

『幸村を討て』今村翔吾著
中央公論新社 定価2,200円(税込)

『八本目の槍』今村翔吾著
新潮文庫 定価880円(税込)

『イクサガミ』今村翔吾著
講談社文庫 定価770円(税込)

■お問合せ
大垣書イオンモール北大路店
TEL:075-491-5500(平日10:00~21:00)

今村翔吾さんプロフィール

撮影/佐賀章広

1984年京都府生まれ。滋賀県在住。
ダンスインストラクター、作曲家、守山市埋蔵文化財調査員を経て作家デビュー。
「童神」で第10回角川春樹小説賞を受賞。(「童神」は『童の神』と改題/角川春樹事務所)。
第160回直木賞候補(2018年下半期)にもなった。
2020年『八本目の槍』(新潮社)で第41回吉川英治文学新人賞、第8回野村胡堂文学賞受賞。
『じんかん』(講談社)で第163回直木賞候補、第11回山田風太郎賞 受賞。
2021年 『羽州ぼろ鳶組シリーズ』(祥伝社)で第6回吉川英治文庫賞受賞。
2022年『塞王の楯』(集英社)で第166回直木三十五賞受賞。
また、講演・テレビなどに出演するほか、2021年11月には大阪府箕面市にある書店を事業承継し『きのしたブックセンター』の書店経営を行う。
TBS報道番組(JNN系列)『Nスタ』レギュラーコメンテーター出演中。

≪感染症予防のための注意事項≫
新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染症予防対策と致しまして、イベントへご来場いただく皆さまには以下の注意事項にご協⼒をお願い致します。
※マスクの着用をお願いしております。
※⼿指消毒にご協⼒ください。
※入り口にて検温を実施いたします。その際に37.5℃以上の発熱症状がある場合は入場をご遠慮いただきます。
※今後の状況の変化に伴い、イベントの中⽌・内容を変更させていただく場合がございます。

 

※イベントは予告なく変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。