この度、大垣書店では、今とこれからの読者に向けたオリジナルの雑誌「羅(うすもの)』第1号を刊行いたします!
またそれに伴う本好きが集まるコミュニティ『うすもの談話室』を開設いたしました。

オリジナル雑誌『羅(うすもの)』

本誌は、書店への誘客や書籍の紹介に加え、リアル・ネット両方で活動しメディアを問わないコンテンツを広く展開することで、全国の読書人のコミュニティとなり、また読書文化への入口となることを目指しています。京都を拠点に活動する批評家、黒嵜想が編集し、気鋭の書き手による小説・紀行文・インタビュー・書評等を掲載。若い方にも手にとってもらえるよう、高校生から楽しめる内容を目指しています。また、読書のインフラづくりの一環として、書店店頭にて無料で配布、近隣の学校様への寄贈も予定。将来的には、全国の書店での展開を視野にいれ準備を進めています。
タイトルになっている「羅(うすもの)」は古代から使われる言葉で薄く織った織物のこと。経糸と横糸で文字を織りこまれたこの薄い雑誌は、普段着として気軽に文学をまとってもらいたいという気持ちが込められています。

うすもの談話室

オリジナル雑誌「羅(うすもの)」の刊行にあわせて、本好きが集まるコミュニティ「うすもの談話室」を開設する運びとなりました。

うすもの談話室HP
https://www.books-ogaki.co.jp/usumono

うすもの談話室SNSアカウント
X(旧Twitter)@usumono_ogaki
Instagram: @usumono.ogaki

『羅(うすもの)』編集長の黒嵜想と、うすもの談話室室長の倉津を中心に、本や本づくりの周辺の情報発信やイベントを行う基本【ゆる〜い】コミュニティです。
ぜひ上記のSNSアカウントをフォローいただき、情報発信にご協力ください。

日頃本をあまり読まない方や、高校生・大学生の学生さんもお気軽に参加いただけるコミュニティになればと思っています。
本を身近に感じられるイベントもこれから開催していきます!

『羅(うすもの)』という言葉は、『徒然草』第八十二段「羅の表紙は、疾く損ずるがわびしき」から引かれました。この段には、物事を完璧に整えてしまうことはよくない、不完全な物事こそが味わい深く、仕事の命を将来に繋ぐものだ、という意味が込められています。不完全なコミュニティですが、そのゆるさを楽しんでいければと思います。

 


『羅(うすもの)』説明会開催しました!

<概  要>
『羅(うすもの)』第1号刊行を記念して、どんな風にして『羅(うすもの)』が誕生したのか、どういう目的でつくったのかがわかる説明会をSNSのライブ配信で開催しました。
後半10分で大切なお知らせをお伝えしていますので、ぜひ最後までご視聴ください!
■開催日時:2024年4月9日(火)19:00~
■場所:堀川新文化ビルヂング2F NEUTRAL
■登壇者:『羅うすもの』編集長 黒嵜想、大垣書店 大垣守可、倉津拓也

 

今後もライブ配信なども定期的に予定しています!
ぜひ、SNSのフォローお願いいたします。

うすもの談話室SNSアカウント
X(旧Twitter)@usumono_ogaki
Instagram: @usumono.ogaki

 

■お問合せ
「羅(うすもの)」事務局(大垣書店内)
TEL:075-431-5537(平日10時~19時)